その日は、東京での展示会を終えて、社長と人事と三人で東京から新幹線に乗りました。
いつものメンツで和気あいあい、といった感じです。よくこのメンバーで出張に行きます。
普段の生活の中で、出張以外では新幹線に乗らないので、仕事とはいえワクワクするのです。体も頭もクタクタに疲れていますが。
新幹線の切符はいつも人事の彼女がスマホで取ってくれます。これなら急な乗車変更もできますし、何より一時的にでも自分で支払いをしなくていいのがうれしいです。席もちゃんと3人で一列に座れるようにセッティングしてもらいます。というわけで、私はただ乗るだけ。とても楽です。
東京駅は、ジャングルみたいです。大勢の人がまるでアリのように一定方向へ流れていきます。こんなにたくさんの人がいるんだと思うと、灌漑深いですね。そういう姿を見ながら「東京にいなくてよかった」とか、変に思ったりします。
東京駅で、乗車する前の楽しみと言ったら、この人間観察と、コンビニでのお買い物です。東京駅のコンビニって、凄まじい量のおにぎりが売っていて、それだけでも絵になるのですが、目的はそれではなく、車内で楽しむためのお酒やおつまみを買うことです。
仕事の新幹線は、宴会、と決まっています。さすがは東京駅、コンビニとは言え、お酒の種類もおつまみの種類も豊富です。出張の時に取り立ててお土産は買わないですが、ご当地のおつまみを選んだり、お弁当を探したりするのはなかなか楽しいですね。
この日は、いつものハイボールと関西ではあまり見かけない、何とか酎ハイをゲットしました。おつまみは人事の彼女に任せています、私はあまりコンビニ慣れしていないのかもしれません。
さて、いよいよ乗車。同じようなサラリーマンが疲れた顔をして乗っています。
我々はそんな彼らを横目に宴会スタート。まずは一本目、おつまみはチーズちくわやホタルイカです。ちょっと贅沢な生ハムとカマンベールチーズのもあります。
(チーズばっかりやないかい!)この最初の一口がたまりませんね、今日も一日頑張ってよかった、という気分になります。
そのあとは、好きに飲みまくり、しゃべりまくります。普段は社長や人事と話す機会がないので、話は弾みます。いろいろ裏話が聞けたり、次のプロジェクトの話をつまみ食い出来るので、私はこの時間が好きです。
名古屋につく頃には、買ってきたお酒が全部なくなりますので、車内販売のお姉さんからまたお酒を買います。毎回最初から買っておけよ、と思うのですが、車内販売だと冷たいのがそのまま飲めるのがいいですね。という感じで、新大阪に着くまで、ずっと飲み続けているわけです。ああ楽しい。
出張はたいがい疲れる仕事ですが、仕事後の楽しみがあると、また行きたくなります。新幹線にも乗れますし。次はいつかしら?